介護保険のサービス
サービス提供事業者により、提供できるサービスは異なります。
詳しくは、ケアマネジャーへご相談ください。

◆自宅で利用できるサービス

ホームヘルプサービス

介護福祉士やホームヘルパーがご自宅に訪問し、身体介護や生活援助を行います。
また、通院時などの乗車や降車の介助もあります。

・身体介護・・・
入浴、排泄のお世話、着替え、食事の介助、通院の付添いなど
・生活援助・・・
住居の掃除、洗濯、買い物、食事の準備、調理など
※同居の方がおられる場合は、利用できないこともありますので、事前にケアマネジャーなどにご相談下さい。
・通院など乗降介助・・・
通院時などの乗車や降車の介助
対象外のサービス

◆ご本人以外の部屋の掃除、庭の草むしり、大掃除、ペットの散歩や世話など
詳しくは、ケアマネジャー、サービス提供責任者にご確認ください。

定期巡回・随時対応型訪問介護看護

24時間安心して居宅での生活が送れるよう、介護職員と看護師などが、日中・夜間を通じて定期の巡回訪問と随時対応を行います。
※要支援1・2の方はご利用できません

夜間対応型訪問介護

夜間の巡回や、通報システムにより対応する訪問介護を行います。
※要支援1・2の方はご利用できません

訪問入浴介護

介護職員と看護師などが、移動入浴車などで訪問し、浴槽を提供して入浴の介護を行います。

訪問看護

医師の指示に基づき、看護師などが訪問し、療養上のお世話や診察の補助を行います。

訪問リハビリテーション

医師の指示に基づき、理学療法士、作業療法士などが訪問しリハビリを行います。

居宅療養管理指導

医師、歯科医師、薬剤師、管理栄養士、歯科衛生士、保健師、看護師などが訪問し、療養上の管理・指導を行います。

◆通いで利用できるサービス

通所介護(デイサービス)

デイサービスセンターなどで、入浴や食事の提供、レクリエーションなどの機能訓練を行います。

通所リハビリテーション(デイケア)

介護老人施設や病院・診療所で、リハビリテーションを行います。

認知症対応型通所介護

認知症の方を対象に日帰りで、入浴や食事の提供、機能訓練などを行います。

◆施設に短期入所するサービス

短期入所生活介護(福祉施設におけるショートスティ)

介護老人保健施設(特別養護老人ホーム)、有料老人ホームなどに短期間の入所をし、食事、入浴などの介護や機能訓練を行います。

短期入所療養介護(医療施設におけるショートスティ)

介護老人福祉施設などに短期間の入所をし、医学的な管理のもとで医療、介護、機能訓練を行います。

◆通い、訪問、泊まりの複合的なサービス

小規模多機能型居宅介護

通い(デイサービス)を中心に、訪問(ホームヘルプサービス)や泊まりのサービスを組み合わせて提供します。

複合型サービス

医療ニーズの高い要介護の方に対して、「小規模多機能型居宅介護」と、「訪問看護」を組み合わせてサービスを行います。
※要支援1・2の方はご利用できません

◆施設・居宅系のサービス

介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)

寝たきりや認知症の方で、在宅での介護が困難な方に対して、介護職員などが、
食事・入浴・介護・機能訓練などのお世話をする施設です。

施設入所に関しては、介護の必要の程度及び家族などの状況を勘案し入所の
必要性が高いと認められる方から優先的に入所できます。
※要支援1・2の方はご利用できません

地域密着型介護老人福祉施設入所者生活介護

入所定員が29名以下の小規模な介護老人福祉施設に入所した方に、介護職員などが、食事・入浴などの介護や機能訓練などを行います。
※要支援1・2の方はご利用できません

介護老人保健施設

看護や介護を必要とする高齢者及び認知症の方に対して、リハビリテーションなどの医療ケアと生活サービスを一体的に提供し、在宅生活への復帰を支援する施設です。
※要支援1・2の方はご利用できません

介護療養型医療施設(介護職員が手厚く配置された病院など)

長期にわたる療養が必要な高齢者に対して、医学的な管理のもとで介護や機能訓練、その他必要な医療を行う施設です。
※要支援1・2の方はご利用できません

認知症型共同生活介護(グループホーム)

認知症のために介護を必要とする方に、共同生活住居(5~9人)において
日常生活上のお世話などを行います。
また施設によっては、30日以内の短期入所(ショートステイ)が
できる事業所もあります。
※要支援1の方はご利用できません

特定施設入居者生活介護

有料老人ホーム、軽費老人ホーム(ケアハウス)などに入居している方に対してサービス計画に基づき、入浴、排泄、食事などの介護、その他の日常生活上のお世話、機能訓練及び療養上のお世話などを、介護保険の対象とすることができます。
また施設によっては、30日以内の短期入所(ショートステイ)ができる事業所もあります

地域密着型特定施設入居者生活介護

入所定員が29名以下の小規模な介護専用型の有料老人ホーム、ケアハウスなどに入居する要介護の方に対し入浴、排せつ、食事などの介護、その他の日常生活上のお世話、機能訓練及び療養上のお世話などを行います。
※要支援1・2の方はご利用できません

◆福祉用具と住宅改修

福祉用具貸与

日常生活の自立を助けるために、次の用具をケアプランに位置付けて利用する事ができます。
(1)~(8)は、要支援1・2、要介護1の方は利用できません。
また(13)は要支援1・2、要介護1~3の方は利用できません。
但し、いずれも一定の条件のもとで利用できる場合があります。

  1.   車いす
  2.   車いす付属品クッション、電動補助装置など
  3.   特殊寝台
  4.   特殊寝台付属品マットレス、サイドレールなど
  5.   床ずれ防止用具
  6.   体位変換器起き上がり補助装置など含む
  7.   認知症老人徘徊感知器離床センサー含む
  8.   移動用リフト段差解消機、立ち上がり用いすなど ※つり具を除く
  9.   手すり取付け工事が不要の物
  10. スロープ取付け工事が不要の物
  11. 歩行器
  12. 歩行補助つえ
  13. 自動排泄処理装置交換可能部品を除く
福祉用具購入 利用限度額10万円 自己負担1割(要件あり)

肌に触れることにより、貸与になじまない次の用具については購入することができます。
但し、都道府県などの指定を受けた事業者から購入する事が必要です。
購入の際は、担当のケアマネジャーにご相談下さい。

  1.   腰掛便座
  2.   自動排泄処理装置の交換可能部品
  3.   入浴補助用具
  4.   簡易浴槽
  5.   移動用リフトのつり具
住宅改修 利用限度額20万円 自己負担1割(要件あり)

自立や介護をしやすい生活環境を整えるため、次の小規模な住宅改修を行う事ができます。
但し、事前に申請が必要。
※先に工事を始めた場合は、保険給付の対象外となります

  1.   手すりの取付
  2.   段差の解消
  3.   すべり防止及び移動の円滑化などの為の床または通路面の材料変更
  4.   引き戸などへの取替え
  5.   洋式便器への便器の取替え
  6.   上記(1)〜(5)の各工事に付帯して必要と認められる工事