有料老人ホームとサービス付高齢者住宅のちがい
施設の類型 介護サービスの有無 介護サービスの内容
介護付有料老人ホーム あり 介護スタッフが24時間常駐。
加えて、看護スタッフの配置もあり、医療機関と連携を行っている施設も多くある。
医療対応に関しては事業者ごとに確認が必要。
介護サービスは、施設のケアマネジャーの計画したケアプランに基づき行われ、別途費用負担は無い。
また、最期まで暮らしていただくことができる。
住宅型有料老人ホーム なし

外部との契約が別途必要
別途費用が発生致します

事前確認が必要です
居室の設備は事業者によりさまざま。
施設内で提供されるのは食事サービスと最低限の清掃といった身の回りのことや、緊急時の対応が主。介護。スタッフの常駐はない為、施設スタッフによる、介護サービスや医療ケアは行われません。
その為、介護サービスや医療ケアが必要な場合は、自宅での生活と同様で、基本的に施設を通さずに利用者と各事業者との契約となります。
重度化した場合、施設によっては退居が必要となる場合もある。
サービス付き高齢者向け住宅推奨 なし

外部との契約が別途必要
別途費用が発生致します

事前確認が必要です
安否確認・生活相談サービス以外は、一般的な賃貸住宅とほぼ同じ契約の為、月々の利用料として家賃・管理費・食費・水道光熱費・生活支援サービス代金などが必要となります。
介護や生活支援サービスの提供は原則として、設置基準がありません。
また、介護サービスや支援、医療ケアが必要な場合は自宅での生活と同様で、基本的に施設を通さずに利用者と各事業者との契約となります。