保険調剤薬局事業 お薬Q&A【かかりつけ薬局をお探しの方】
お薬 Q&A
Q:お薬を飲む時間は?
A:
食 前: 食事のおよそ30分前

胃は空の状態です。胃が空だと一般的に薬は速く吸収され、速く効果をあらわします(例外もあります)。
その代わり胃を刺激しやすく、胃が荒れやすくなります。
食欲を増進させる薬、食べものが胃にあると吸収が悪くなる薬、漢方薬、その他一部の糖尿病薬などが“食前”と指示されます。

食直前: 食事の直前

食後の血糖値の上昇を抑える糖尿病薬(グルコバイ、ベイスン OD、セイブル、スターシス)が“食直前”と指示されます。
これらの薬は食後に飲んでいては血糖値の上昇を抑えるのが間に合わないため食直前に服用します。

食直後: 食事が終わってすぐ

胃粘膜を刺激する薬は“食直後”と指示されます。胃の弱い人は食後指示の時でも食直後に服用すると良いでしょう。

食 後: 食事が終わっておよそ30分後

胃の中に食べものが一番多くある状態ですので、一般に吸収が食前または空腹時に比べ遅くなります(薬の中には食べ物があるほうが吸収が良い薬もあります)。 これは胃粘膜への刺激を少なくすることとともに、薬を飲み忘れないようにするためです。
30分というのは目安なので飲み忘れるようでしたら食後すぐでも構いません。

食 間: 食事が終わっておよそ2時間後

食間といっても食事をしながら飲むということではありません。食事と食事の間という意味で、食後2時間くらい経ったときをいいます。
食間の指示の薬は少ないのですが、胃潰瘍の薬、胃粘膜を保護する薬は“食間”に飲むよう指示されることがあります。

寝る前: 寝るおよそ30分前

寝る前に飲む薬は、食前や食後と違って、胃の中の状態とは関係ありません。寝る前に飲む薬には下剤、睡眠薬があります。またその他にも胃潰瘍の薬(寝ているときに胃酸の分泌が多くなる)や喘息発作を予防する薬もあります。その中でも睡眠薬は寝る直前に飲んでください。

Q:飲み忘れたらどうしたらいいの?

A:基本的には、飲み忘れに気づいたときに服用してください。
ただし、次回の服用まで時間が短いような場合は一回分とばしてください。
飲み忘れたからといって2回分を飲まないでください。
一部の糖尿病薬、食前・食直前に服用する薬はこの限りではないので、医師または薬剤師にご相談ください。

Q:お薬を水以外で飲んでもよいのですか?

A:お薬と相性の悪い飲み物もありますので、水または湯冷ましで飲むのが原則です。

お酒

アルコールは、多くのお薬と相互作用を起こしやすい飲み物です。一般的にはお薬の肝臓での代謝が抑制され、お薬の効き目や副作用が強くなることがあります。睡眠薬や血糖降下剤は特に注意が必要です。

牛乳

一部の抗菌剤や抗生物質、便秘薬などでは牛乳に含まれるカルシウムと結合して吸収されにくくなり、お薬の効き目が弱くなります。

コーヒー・ドリンク剤
これらの飲み物はカフェインを含んでいます。
市販の総合感冒薬などにもカフェインが含まれており、飲み物とお薬のカフェインが重なって頭痛やいらいらがでることがあります。

グレープフルーツ ジュース
グレープフルーツに含まれる成分が酵素の働きを阻害します。その結果、お薬の種類によってはお薬の効き目に影響を与えることがあります。
免疫抑制剤(シクロスポリンなど)、高脂血症治療剤(シンバスタチンなど)、降圧剤(ニソルジピン、フェロジピンなど)など、一部の医薬品は、グレープフルーツジュースを飲むと効果が強く出たり、副作用が現れやすくなるおそれのあることが知られています。
グレープフルーツジュースを避けるべき医薬品は多数ありますので、新たなお薬が処方された時などは、薬剤師に確認されると良いでしょう。

Q:薬を水なしで飲んでもいいの?

A:薬を水なしで飲むと、薬がのどや食道にひっかかりやすくなります。
できればコップ半分以上の水またはぬるま湯で飲んでください。
例外として、口腔内崩壊錠といわれるタイプの錠剤は、水なしでも服用することができます。

Q:食事が不規則で1日3回食べられないのですが、お薬は3回飲まないといけませんか?

A:1日3回毎食後と指示のあるお薬は、一般的には食事をしてなくても3回飲むほうが良いとされています。糖尿病など食事で血糖が上がるのを調節するお薬などを除いて、ほとんどのお薬は食事をしなくても服用することが可能です。お薬によってはよくないケースもあるため食事や生活のパターンが不規則な方は、お薬を受取る際、調剤薬局窓口の薬剤師にご相談ください。

Q:頓服(とんぷく)薬はいつ飲むの?

A:頓服薬とは発作時や症状のひどい時に一時的に飲む薬です。医師が飲み方を指示しますので指示どおり飲んでください。 頓服薬には鎮痛剤、解熱剤、狭心症用薬、咳止め、下剤などがあります。

鎮痛剤

痛みがある時に飲みます。続けて服用する場合は、5~6時間程度あけてください。
鎮痛剤の多くは解熱作用もあります。片頭痛、腹痛の薬には解熱作用はありません。

解熱剤

目安として38.5度以上の熱がある時に飲みます。続けて服用する場合は、5~6時間程度あけてください。解熱剤のほとんどは鎮痛作用もあります。

下剤

通常、便通が数日ない時に飲みます。寝る前に飲むと、通常翌朝に便通があります。

狭心症用薬

狭心症の発作時に舌の下で溶かします。

Q:頓服薬で「熱がある時」とは具体的に何度のことですか?

A:通常は38.5度や、38度と説明されることが多いと思います。そのとおりで良いのですが、小数点以下はあまり厳密に考える必要はありません。
発熱という症状も体に自然に備わっている防御反応の一種です。むやみに下げることだけが良いわけではありません。
自分のつらさ加減で飲むか飲まないかを決めて下さい。

Q:相互作用って何ですか?

A:同じような作用の薬を数種類のめば強力な作用が現れるし、逆の作用の薬をのめば効果が現れにくくなります。
また、たくさんの種類をのむことによって、ひとつひとつではでない副作用がでてくるということもあります。
このような効果を薬の相互作用といいます。
市販の薬を服用していても同様です。
よく、「血圧の薬をのんでます」とか「胃薬をのんでます」とか言われる方がいらっしゃいますが、それだけではどんな作用の薬かわからないので、薬の実物か、薬品名を書きとめたメモなどを持って相談した方がよいでしょう。

Q:調剤薬局で処方されたお薬を、市販の風邪薬と一緒に飲んでもかまわないですか?

A:処方されているお薬によりますので、一度薬剤師に、ご相談ください。

Q:睡眠薬は怖いイメージがあるのですが、毎日続けて飲んでも大丈夫?

A:最近、使用されている睡眠薬は以前に使用されていた薬と比較すると比較的安全な薬です。
睡眠薬が処方されたら、必ず医師の指示どおりの用量及び服用時刻を守ってください。自分の判断で適当に服用方法や量を変えたりすると、睡眠薬の作用が増強されたり、今まで以上に眠れなくなったりすることがあります。

Q:ワーファリンを飲んでいるのですが、ビタミンKを多く含む食品を食べてはいけないのですか?

A:避ける必要はありませんが納豆やクロレラ、青汁は食べないでください。
食物中のビタミンKは緑色の強い野菜(ほうれん草、春菊、パセリ、ブロッコリー、クレソン、小松菜、ミツバ、メキャベツ、サニーレタス、ニラ)や海草類に多く含まれています。

Q:セント・ジョーンズ・ワート(セイヨウオトギリソウ、SJW)を含む健康食品を摂取したいと思いますが、何か気をつけることはありますか

A:セント・ジョーンズ・ワートを含むいわゆる健康食品は、くすりと併用すると、くすりの種類によっては、その効果を弱めることがあります。
このため、くすりを服用中の方が、セント・ジョーンズ・ワートを含む健康食品を摂取しようとする時は、医師、薬剤師に相談しましょう。

Q:お医者さんでもらう薬には、成分は同じで名前の違う薬があるのですか?

A:はい、あります。
例えばある高血圧の薬は成分が同じで名前の異なる薬が数十種類以上あります。
ジェネリック薬品の普及が進み、複数の病院から同じ成分の処方が出ていることがあります。
事故を防ぐためにもお薬手帳は必要です。

Q:子供がお薬を飲むのを嫌がる時、お薬をミルクにまぜてもいいですか?

A:ミルクぎらいになる事があるのでミルクにはまぜない方がいいです。少量の水でお薬を練って上あごに塗りつけた後ミルクをあげてください。

Q:目薬は開封したら、どれくらい持つのでしょうか

A:指定のないものは、およそ1ヶ月を目安にしてください。

Q:コンタクトレンズをしたまま目薬をさしてもいい?

A:ハードコンタクトレンズならば、レンズを装着したままで一般にどの目薬をさしてもかまいません。
しかし、ソフトコンタクトレンズや酸素透過性ハードコンタクトレンズを装着したまま目薬をさすと、レンズに目薬の成分や保存剤が徐々に吸着されて目に刺激を与えたり、レンズの性状に影響を与えることがあります。
ソフトコンタクトレンズや酸素透過性ハードコンタクトレンズを装着している時は、コンタクトレンズ装着時でも使用可能な人工涙液タイプの点眼液以外は用いないようにしましょう。

Q:薬局ではいつでも調剤してくれるのですか?

A:処方せんは、交付日を含めて4日以内が有効です。
また、有効期限を指定した処方せんは、その有効期限内なら、いつでも調剤します。

Q:処方せんは、代理の者が持って行っても調剤できるのでしょうか

A:処方せんがあれば、ご本人でなくても大丈夫です。その場合「お薬手帳」を一緒に持って行かれると安全にお薬を調剤できますのでご活用ください。

Q:お薬だけほしい場合、一度もらったお薬は同じ薬局に行けば調剤してもらえるのでしょうか

A:処方せんがなければ、調剤はできません。